破損防止!引越しは出来る限り自分で梱包して箱詰めしましょう

引越しのときに一番困ることは「破損」が起きることです。引越し業界では荷物の破損に関しては発生率をゼロにすることは不可能といえるのが現実です。

しかし破損の発生率を極力ゼロにすることは私たちの努力次第で十分に可能となるので対策について考えていきます。

引越し比較・予約サイト引越し侍

全国230社以上と提携のNO.1引越し見積もり比較サイト
・最大差額50%安くなる
・最大10万円キャッシュバック
・引越しに便利なガイドブックプレゼント

オススメ

ダンボールに梱包すれば破損しない

基本的にはダンボール箱に梱包すれば破損は回避できます。ただし梱包状態は緩衝材などを使用することが大前提になります。

壊れやすい食器や陶器などを緩衝材も使わずにそのままダンボールへ箱詰めすれば当然ですが簡単に破損は起きてしまいます。

梱包に必要な資材や梱包方法はつぎの記事を参考にすると良いでしょう。

 

しっかり梱包すれば落としても簡単には破損しない

壊れやすい物でもしっかりと緩衝材などを使用してダンボール箱へ梱包すれば多少の衝撃では簡単に壊れることはありません。

実際にイメージとしては新品の家電製品を購入したときの梱包状態を思い出して頂ければ分かると思います。

しっかりと製品がダンボール箱の中で固定されていて尚且つ外部から直接衝撃が加わりにくい状態になっています。輸送を目的としている為どの様な状況でも衝撃に耐えうる状態になっていると言うことです。

 

一括見積もりランキング

ダンボール箱に入れると破損が減る

さすがに大型な家具や家電はダンボール箱の中に入れるのは不可能ですが小型の電化製品に関しては箱に入れることは可能です。

小型の家電製品に関しては引越し当日に引越し業者のスタッフが「プチプチ」と呼ばれるエアークッション(エアーキャップとも言います)で包んで運んでくれる事が一般的ですが時間がかかる作業のため全部を包んではくれない場合があります。

できれば引越しより事前に自分自身でエアークッションを使い包んでおくことで事故の確率を減らせます。もしダンボール箱に入る大きさならエアークッションで包んだ状態のまま箱の中に入れる方がよりいっそう事故を減らすことができます。

落とすような不備があれば引越し業者に非がありますが、落としたような痕跡(証拠)が無ければ引越し業者としては内部破損に関しては責任を負うことはしません。

特に家電製品の内部は精密機械となっています、外から見ては分からないですが劣化は徐々に進行しています。劣化が進行している状況は非常に脆い状態といえます。

その脆い状態でも電化製品を引越しにより移動させることが無ければその場で動き続ける事ができます。しかし移動には耐えられないほど劣化が進行している事が往々にしてあるのです。特に大型な家電である冷蔵庫やエアコンに関してはコンプレッサーなどの可動部品があるために傷みやすく引越し先で動かなくなることがある一定の頻度で起こっています。

ブルーレイレコーダーやDVDプレーヤーなども同様に可動する精密部品があるため運搬後に動かなくなる事があります。こちらについても外傷が無ければ保証対象外となります。

 

国税庁掲示の対応年数は短い

国税庁の掲示した耐用年数がイコール寿命というわけではありませんが製造日から残る物の価値の年数と考えれば良いでしょう。いわゆる減価償却という考え方です。

主な減価償却資産の耐用年数(器具・備品)

■耐用年数5年
ラジオ、テレビジョン、テープレコーダーその他の
音響機器
■耐用年数6年
冷房用・暖房用機器
電気冷蔵庫、電気洗濯機その他これらに類する
電気・ガス機器

出典:国税庁HP

 

責任が引越し業者にあっても弁済は少額

例えばブルーレイレコーダーに運搬中で落とした外傷があった場合でも弁済される金額はあまりありません。国税庁の耐用年数から考えると5年経過していれば資産価値は0円ということになります。

耐用年数を超えていれば修理するほうが高くつくことになりますので引越し業者としては安い金額で示談に持っていくことが多いといえます。

保証問題は契約時にしっかりと確認する必要があるので注意しましょう。特に「保険に入っているので安心です」という言葉には気をつけましょう。保険という言葉は安心を与えると思いますが、逆に保険であれば耐用年数に関してはシビアになります。当然ですが保険会社は余分なお金は払いません。

購入時10万円した製品が1000円で示談になったという事例など数多くあります。「保険」という言葉を鵜呑みにせずに破損が起きた時の対応(弁済)についてはしっかりと確認をしておきましょう。

 

最終的に破損を防止する方法は

大型の家具や家電は自分で梱包することは出来ませんがブルーレイレコーダーや炊飯器などの小型の物はエアークッションなどで事前に梱包しましょう。

そしてダンボール箱に入る物は必ず入れるようにすることで劇的に破損の確率が減少します。炊飯器や電気ポットがトラックの中や作業員が運搬中に誤って落としてしまう事は少なからず発生しています。

その理由の第一はダンボール箱に入っていないために運搬しずらい、持ちにくい、積みにくいという為です。

そして問題は軽く落としただけでは傷がつかない事が多いため、引越し業者の責任を追求できない場合が多く「内部破損」という言葉で片付けられる事が非常に多いといえます。

自己防衛の為には引越し前にできる限り自分で梱包をする、そしてできる限りダンボール箱に入れることをしましょう。それが一番の破損防止策といっても過言ではありません。

引越し業者で用意されるダンボールは汎用になります。安全性を考えるのであれば専用の大きさのダンボールを用意することも破損防止に役立ちます。

一括見積もりランキング

にほんブログ村 住まいブログ 引越し・住み替えへ 

 icon-check-circle オススメ  一括見積もり比較サイト

  引越し侍
最大規模の参加引越し業者数を誇るNO.1一括見積もり比較サイト!

samurai

参加引越し業者数
230社以上    オススメ  
紹介件数

1890万件突破!
利用者満足度

95.2%
ネットで料金比較

その場で料金比較と引越しの予約が可能
キャンペーン 最大10万円キャッシュバック
プレゼント 引越しガイドブックがもらえる

「今すぐネットで料金比較」と通常の「一括見積もり」が選べる凄いサービスは引越し侍だけ。 他の引越し見積もり比較サイトを圧倒するコンテンツは業界NO.1と言えます。
詳しい内容は詳細ページでどうぞ。

2016-02-20_19h43_5401

 HOME’S引越し
自分で見積もり業者を決めたい人はここでキマリ!初心者オススメ!

2016y01m14d_235352395

参加引越し業者数

130社以上
見積もり簡単入力

最短45秒
選べる見積もり予約

1社から選べる     オススメ 

他の一括見積もりサイトと違い候補に出た業者の中から自分で絞り込んで見積もり依頼ができます。 1社からでも見積もり依頼できるのはHOME'S引越しだけ!
詳しい内容は詳細ページでどうぞ。

2016y03m02d_15374814301

  オススメ  一括見積もり比較サイト
 引越し侍
最大規模の参加引越し業者数を誇るNO.1一括見積もり比較サイト!

samurai

参加引越し業者数

230社以上
    オススメ 
紹介件数

1890万件突破
利用者満足度

95.2%
ネットで料金比較

その場で料金比較と引越しの予約が可能
キャンペーン 最大10万円キャッシュバック
プレゼント 引越しガイドブックがもらえる

「今すぐネットで料金比較」と通常の「一括見積もり」が選べる凄いサービスは引越し侍だけ。 他の引越し見積もり比較サイトを圧倒するコンテンツは業界NO.1と言えます。
詳しい内容は詳細ページでどうぞ。

IMG_750904

 HOME’S引越し
自分で見積もりする業者を決めたい人はここでキマリ!初心者オススメ!

2016y01m14d_235352395

参加引越し業者数

130社以上
見積もり簡単入力

最短45秒
選べる見積もり予約

1社から選べる
    オススメ 

他の一括見積もりサイトと違い候補に出た業者の中から自分で絞り込んで見積もり依頼ができます。 1社からでも見積もり依頼できるのはHOME'S引越しだけ!
詳しい内容は詳細ページでどうぞ。

2016y03m02d_15374814301

あなたに合った5つの見積もりサイトを紹介
↓ ↓ ↓

一括見積もりランキング

お役立ちコンテンツ

比較サイトランキングバナー
口コミ体験談バナー
 
引越しグッズバナー
お日柄カレンダーバナー
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す