引越し屋が作業拒否する?IKEAの家具は注意点がいっぱいです

IKEA(イケア)の家具を持っている方が増えていますが、注意点は分かっていますか?

実際に引越し業者が運搬を拒否したり、分解組立を断ることが当然の様におこっているのです。

By: Håkan Dahlström

スポンサーリンク

スポンサーリンク

IKEA(イケア)とは?

低価格とデザインの良さから世界中で人気の家具販売店です。

ただ低価格の要因となる組立式の家具が通常の生活には問題はありませんが、引越しには不向きで問題が多数起きているのです。

イケア(IKEA International Group)は、スウェーデン発祥で、ヨーロッパ・北米・アジア・オセアニアなど世界に出店している世界最大の家具販売店。

家具といったらイケアというほど世界では浸透している。その理由は低価格、デザインのよさ、アフターサービス面のよさなど。

ウィキペディア

引越しに不向きな理由

IKEAの家具はバラバラの板などのユニットを組み上げる仕組みで、組み合わせる際にはかなりの多くの板とネジを使い組み立てていきます。

通常日本の家具は分解といっても板になるまではバラバラにはなりません。そのためにある一定の法則で分解から組立まで出来るのです。

しかしIKEAの家具はバラバラ過ぎて一定の法則も何もないのです、とにかくバラバラにして組み立てるという行程をくり返さなくてはなりません。

ネジが多すぎてネジ山が潰れていたり、強引に組み立てられたために分解できない状態の物もあります。それこそ無理やりにしかネジが外せない状態の物もあるのです。

「木ネジ」が分解組立を困難にする

「木ネジ」とはどのような物かと言いますと、通常のネジは受け手も金属の板やナットになりますが、「木ネジ」は受け手が合板である板そのものになるのです。

通常の家具はネジも受け手も金属のために容易に分解組立が出来るのですが、「木ネジ」を使用した物は分解と組み立てを想定していません。

例えるのなら「カラーボックス」は「木ネジ」で組み立てます、しかし一度分解してしまうと再度組み立てた際は強度を保てません。受け手の穴が広がってしまっていて強く密着できない為なのです。

分解組立の拒否

上記の内容から引越し業者はIKEAの家具の分解と組み立てを受けてくれないことが多いのです。

その理由の一つとしては、引越しの時間が掛かり過ぎるという事もあります。IKEAの家具は分解にしても組立にしても引越し作業員が付きっ切りになる必要があるのです。

引越し業者は運搬に必要である最低限な家具の分解と組み立てはしますが、IKEAの家具については最低限のレベルではありません、専門の作業員が最低1名以上は付きっ切りで必要になるレベルなのです。

そしてそこまでの時間を費やしても強度が落ちてグラグラするなどのクレームが入るのであれば、運搬する意味はなさないのです。

その為に引越しの依頼をした本人に分解と組み立てをして頂くか、専門業者に依頼してくださいという流れになるのです。

拒絶されなかった場合

引越し業者がIKEAの家具の運搬について何も言わなかった時は注意してください。

何も注意事項を言わないのは大丈夫という訳ではなく、ただ単にIKEAの家具ということに気が付いていないだけの事がほとんどなのです。

引越しの営業マンといえどハッキリ言って家具の事なんか分からないのです、家具屋さんじゃあるまいしそんな知識はほとんど持ち合わせていません。

必ずIKEAの家具がある場合は引越しの見積り時に営業マンに伝える事は忘れない様にして下さい。営業マンに聞かれなかったといって問題ないのかな?なんて都合の良い解釈は絶対してはダメです。

IKEAの家具と伝えていなかった為の事故

営業マンも事前に気が付かず、お客さんも伝えていなかった場合に何が起こるのでしょうか?

当然の事ですが引越し当日に作業員が対応することになるのです。引越し当日にIKEAの家具と発覚すれば営業マンの確認ミスという事で運搬してもらわないと困るとクレームを付ける事になると思います。

そこで無理やり運ぶ事になるのです、しかしIKEAの家具は本当に引越し屋泣かせなのです。まともに分解組立を行なっていれば時間が全然足りません、それこそ引越しの時間が倍掛かることもあるのです。

実際あった全損事故

引越し当日にIKEAの家具と発覚したのですが、引越し作業員は何を思ったのか分解はとても時間が掛かるので諦めたのです。

ではどの様に運んだかと言うと2階からの引越しだったのですが、当然のことながら分解しないと家具が大き過ぎて通路を通す事が出来なかった為に、分解しないままで作業員は驚く事をしたのです。

なんとかなりの大型の家具だったのですが、ベランダからロープで吊り降ろそうとして重みに耐え切れずに落下させてしまったのです。

結果は家屋は破損、そして家具は全損になって買い直しとなったのです。

プロという言葉を信じてはいけない

引越しの営業マンも引越しの作業員も「プロ」です。

しかしこの場合の「プロ」は引越業で給与を頂いているという事に過ぎないのです、「プロ」イコール「職人」ではありません。

IKEAの家具を見抜く力のある営業マンや、突発的にハードな条件の引越しを無事完了させるだけの能力がある引越しの「プロ」などほんの僅かしかいないのです。

実際の現実なのです。したがって依頼する際はしっかりとIKEAの家具と伝える必要があるのです。

伝える事さえすれば、あとは拒否する業者も居れば対応する業者もいる事でしょう。そして分解組立の専門業者の話しが出る場合もあると思います。

しかしあなたの責任は伝える事で一旦は完了した事となるので、最低限は引越し業者に「IKEAの家具です」と伝えましょう。

まとめ

IKEAの家具はデザインの良さとお値打ちという観点で魅力があると言って良いと思いますが、引越しを考えると大きなマイナスがあることも理解しておかなくてはなりません。


 

Amazon  ベストセラー1位 – カテゴリ ロッキングチェア

一括見積もりランキング

にほんブログ村 住まいブログ 引越し・住み替えへ 

 icon-check-circle オススメ  一括見積もり比較サイト

  引越し侍
最大規模の参加引越し業者数を誇るNO.1一括見積もり比較サイト!

samurai

参加引越し業者数
230社以上    オススメ  
紹介件数

1890万件突破!
利用者満足度

95.2%
ネットで料金比較

その場で料金比較と引越しの予約が可能
キャンペーン 最大10万円キャッシュバック
プレゼント 引越しガイドブックがもらえる

「今すぐネットで料金比較」と通常の「一括見積もり」が選べる凄いサービスは引越し侍だけ。 他の引越し見積もり比較サイトを圧倒するコンテンツは業界NO.1と言えます。
詳しい内容は詳細ページでどうぞ。

2016-02-20_19h43_5401

 HOME’S引越し
自分で見積もり業者を決めたい人はここでキマリ!初心者オススメ!

2016y01m14d_235352395

参加引越し業者数

130社以上
見積もり簡単入力

最短45秒
選べる見積もり予約

1社から選べる     オススメ 

他の一括見積もりサイトと違い候補に出た業者の中から自分で絞り込んで見積もり依頼ができます。 1社からでも見積もり依頼できるのはHOME'S引越しだけ!
詳しい内容は詳細ページでどうぞ。

2016y03m02d_15374814301

  オススメ  一括見積もり比較サイト
 引越し侍
最大規模の参加引越し業者数を誇るNO.1一括見積もり比較サイト!

samurai

参加引越し業者数

230社以上
    オススメ 
紹介件数

1890万件突破
利用者満足度

95.2%
ネットで料金比較

その場で料金比較と引越しの予約が可能
キャンペーン 最大10万円キャッシュバック
プレゼント 引越しガイドブックがもらえる

「今すぐネットで料金比較」と通常の「一括見積もり」が選べる凄いサービスは引越し侍だけ。 他の引越し見積もり比較サイトを圧倒するコンテンツは業界NO.1と言えます。
詳しい内容は詳細ページでどうぞ。

IMG_750904

 HOME’S引越し
自分で見積もりする業者を決めたい人はここでキマリ!初心者オススメ!

2016y01m14d_235352395

参加引越し業者数

130社以上
見積もり簡単入力

最短45秒
選べる見積もり予約

1社から選べる
    オススメ 

他の一括見積もりサイトと違い候補に出た業者の中から自分で絞り込んで見積もり依頼ができます。 1社からでも見積もり依頼できるのはHOME'S引越しだけ!
詳しい内容は詳細ページでどうぞ。

2016y03m02d_15374814301

あなたに合った5つの見積もりサイトを紹介
↓ ↓ ↓

一括見積もりランキング

お役立ちコンテンツ

比較サイトランキングバナー
口コミ体験談バナー
 
引越しグッズバナー
お日柄カレンダーバナー
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

5件のコメント

  • ゆちぞ

    今まで何回も引越ししてますが、
    家具を分解された事はありませんでした。

    カラーボックスはカラーボックスとして、そのまま梱包材で包んで運ばれていきました。

    カラーボックスを分解して運ぶ業者を選ばなきゃいいって事ですよね?

    • 今回のカラーボックスとはイケアの家具を例える事になりますので、正確には大型家具のことです。
      大型家具に対してのリスクが大きいことですね。

      カラーボックス自体を分解することは基本的にはありませんのでご安心を。

      ただし荷物量が多すぎてトラックに載り切らない時は、カラーボックスさえ分解して積み込む自体が起こる事もありますよ。
      その時は積み込みが上手くないのか、営業時の見積もりが悪いかのどちらかが原因と考えられますね。

  • kk

    木ねじを多用している家具、ということでニトリの家具も同じように分解拒否されると考えてよいですか。

    IKEAは代表例ということで例示されただけで、その他メーカーも簡易的な家具は同様なんでしょうか。
    それともIKEAとニトリでは何か大きな差異があるのでしょうか。

    IKEAの店舗が近くになく購入したことがないので比べることができず、ご教授いただければ幸いです。

    • ニトリの家具を引越しの際に拒否されることは、私の知る限りではありませんでした。

      ニトリ自体、イケアと比べ大型の物はあまりありませんので殆どが分解をしなくても運搬出来ます。

      分解が必要な物に大型のワードローブ、キッチンボードなどがありますが、運搬時には数カ所の分解で運搬できる状態になります。
      よく考えられていると言うことですね、イケアのように殆どを板状にする必要は無く問題はありません。

      その点、残念ながらイケアの家具は引越しの発想すら無いのではと思います、まさに引越し屋泣かせの家具が「IKEA」なのです。

      基本的には日本の家具メーカーは「引越し」「部屋間移動」を前提にしており、間口の狭い日本の家屋において搬入搬出が可能にしてあります。
      海外の住宅事情は家具といえば備え付けで有ることが多く、運搬を考慮していないと思われます。

      日本の家具ではイケアと同じようなユニット家具以外は、特殊な作りはまず無いので心配はほぼ無いと言えるでしょう。

      ただし昔の古い家具には通路を通らない物があり、窓からしか搬入搬出が出来ない時もあります。

  • 取り上げて頂きありがとうございます。

    イケアに関して凄い情報量ですね、参考になります。

3件のトラックバック

コメントを残す