注意がいる引越し

夏の引越しは1年で一番注意が必要です

更新日:

sunflowers-free-license-CC0

いよいよ夏の暑い日がやってきます。夏の引越しはユーザーにとっても引越し屋にとっても注意事項が多い時期なのです。

 

クレームが多く発生する夏の引越し

引越し作業は人が行うという事を考えると『夏』がいかに過酷な時期であるのか見えてきます。

 

作業員の疲労

夏の猛暑は30度を軽く超え40度近くに及ぶ事もあります。

その中での作業は軽いスポーツを超えるレベルの肉体的負担が作業員に及びます。夏の引越し作業は毎年の事ですが『熱中症』を引き起こし、引越し作業中に緊急搬送される者が必ず出るのです。

 

熱中症対策が追い付かない

引越し業者各社は夏場の熱中症対策を取っているのですが追い付かない状況なのです。

引越し会社としては熱中症対策として常にスポーツドリンクを作業中に補給する事を指示していますが、それでも熱中症になってしまいます。

1回の引越しで2リットルのスポーツドリンクを飲みほしてしまう程ハードな作業内容が『引越し作業』なのです。

 

 icon-star 引越し侍 icon-star 

全国260社以上と提携のNO.1引越し見積もり比較サイト
・最大差額50%安くなる
・最大10万円キャッシュバック
・引越しに便利なガイドブックプレゼント

オススメ

 

汗によるトラブル

1回の引越しで2リットルもの水分を必要とする夏の『引越し作業』当然ですが汗の量も半端ではない物になるのは想像できるのではないでしょうか?

その汗が引き起こすトラブルが非常に多い事を引越し作業員が把握することは当然のことですが、引越しを依頼した側もトラブル防止の為に対策を取る事が重要になります。

夏の暑さは汗が滝のように出て止まりません当然タオルを持参しているはずですが、あまりにも大量な汗の為にタオルも衣類もすぐに絞れるくらいの汗を含んでしまいます。この状況の中でタオルも持参しない作業員は論外ですので注意が必要となります。

特に注意が必要な作業員は週末しか来ない学生アルバイトや新人がタオルを持参しない事が多く見受けられます。

 

汗によるトラブルには代表的に次の3つが考えられます

1.家屋の汚損

当然すぎる事ですが滝の様な汗をかいている状況では気を付けていても床に落ちる汗を完全に防止することは大変困難なことなのです。どれだけ気を付けても床が汚れてしまう可能性は有るのです。

特に注意は『和室』と『壁』です。フローリングに汗が付いても拭くことにより綺麗になりますが和室の畳に汗が付くとシミになる恐れがある事と不衛生です。

汗は直接落ちた汗だけではなく、靴下に付着した汚れと足の汗により畳を汚してしまう場合も有るのです。

『壁』に関しては壁紙を安易に触る事により手の汗が付いてしまう事も多くあります。作業により手も汚れているので汗により壁紙が汚れるのです。

 

2.衣類・寝具の汚損

寝具に関しては通常は『ふとん袋』に入れて運搬するのですが、ふとん袋はかなりの大きさになるので作業員は抱き抱える様に運びます。その際に体中の汗がふとん袋に付いてしまいます。

衣類に関しては通常はダンボールに詰めて運ぶので大丈夫ですが、引越し業者から当日レンタルされる『ハンガーボックス』に移し替える際に衣類に汗が付着します。

 

3.家具の汚損

家具は全般に汗が付きやすいのですが特に注意が必要な物に『桐箪笥』があります。

汗染みが付いてしまうと取れなくなるので細心の注意が必要となります。

 

汚損はどうやって防止すればよいのか?

和室に関しては必ずキルティングを敷いて貰いましょう

引越し業者としては和室の作業でキルティングを敷くことは当然の作業です。しかし引越し業者や作業員によっては何も敷くことをしない場合がありますので営業マンに『汗対策』についての確認とお願いをしておきましょう。当日も作業責任者に確認をすると良いでしょう。

実際に私も過去に畳をドロドロにされた覚えがあります…。

 

壁紙に関しては養生をして貰いましょう

養生の目的は傷防止と汚れ防止の意味があります。

但し引越し会社により養生をあまりしない場合がありますので営業マンにしっかり確認しましょう。

作業員も夏の暑さで手を抜く場合がありますので、さりげなく『壁紙は気にしているのでお願いしますね』とさらりと一言付け加えておくと効果的です。

 

寝具に関してはふとん袋に入れ過ぎないようにしましょう

ふとん袋にふとんを入れ過ぎると中身が飛び出てしまいます。当然汗が付着する危険性が増しますので少なめに入れましょう。

当然ふとん袋がパンパンになっていれば持ちにくいので抱き抱える形になり、体の汗が付着する危険性が増しますので入れ過ぎは厳禁です。

 

ハンガーボックスの衣類は自分で入れ替えしましょう

ハンガーボックスの入れ替え時に汗が付着しますので、必ず自分で入れ替えると作業員に伝えましょう。

自分で入れ替える手間を惜しむと夏は後悔することになりますので是非自分で入れ替えましょう。

レンタルのハンガーボックスは衛生的にもあまり良くないため、ご自身でハンガーボックスを用意するのも有効な手段となりますので一考しても良いかと思います。

 

桐箪笥は手袋を必ずして貰いましょう

桐箪笥は作業用の手袋とは別にきれいな手袋を使って貰います。

そんな事は引越し業者であれば当然のことなのですが素手で取り扱う馬鹿な引越し作業員が多くいる事も事実であるのです。

営業マンに確認をしておく事は最低限おこなっておきましょう。

 

 icon-star 引越し侍 icon-star 

全国260社以上と提携のNO.1引越し見積もり比較サイト
・最大差額50%安くなる
・最大10万円キャッシュバック
・引越しに便利なガイドブックプレゼント

オススメ

 

まとめ

タオル・手袋などは予め用意しておくと良いでしょう。

特にタオルはいくら有っても良いくらいです。特にタオルを持ってこない作業員がいれば最悪な結果になるかもしれません。自己防衛をする事をお薦めします。

 

関連記事

夏の引越しは熱中症に注意です

夏の暑い日に引越しは作業員が大変なのは当然ですが、依頼したユーザーも注意しないといけません。 油断していると大変なことになるので、しっかりと対策を考えましょう。   引越しの時には熱中症に注意が必要な ...

引越し比較サイトランキング

ししさん
当サイト管理人のオススメ比較サイトですw

参考にしますね♪
初荷ちゃん

引越し侍

引越し業者に影響力のあるNO.1

提携業者数は業界トップの267社と、最強の引越し見積もり比較サイト「引越し侍

業界NO.1の「引越し侍」から紹介された引越し業者は、契約率や顧客満足度を落とすことができないため、なにが何でも契約に結びつける必要があります。

そのため他の比較サイトと比べ「引越し侍」経由の紹介は料金がさがる傾向が強いと言えます。

ししさん
「引越し侍」は引越し業界に与える影響力がハンパないんだよねw

比較サイトによって違いがあるんですね♪
初荷ちゃん

参加引越し業者数 260社以上 業界NO.1 
紹介件数 2,390万件突破!
利用者満足度 95.2%
ネットで料金比較 その場で料金比較と引越しの予約が可能
引越し侍オリジナル!
キャンペーン   最大10万円キャッシュバック(3名)
お好きなお鍋をプレゼント(3名)
オリジナルQUOカード500円分プレゼント(50名)
プレゼント 引越しガイドブックがもらえる
全員プレゼント!

LIFULL引越し

選べる引越し業者

引越し業者を自分自身で選ぶことができる、引越し見積もり比較サイトは「LIFULL引越し」だけです。

しらない業者から電話が入る心配がないので、女性でも安心して見積もり依頼することができます。

ししさん
普通の比較サイトでは、5社~10社の引越し業者から連絡がくるからね、イヤな人は「LIFULL引越し」がオススメだよw

女性にとって、自分自身で1社から選ぶことができるのは嬉しいですね♪
初荷ちゃん

参加引越し業者数 130社以上
見積もり簡単入力 最短45秒
選べる見積もり予約 1社から選べる 
「LIFULL引越し」だけ!
キャンペーン 最大10万円キャッシュバック(1名)
現金1万円プレゼント(5名)

引越しラクっとNAVI

業者からの電話がこない

知らない業者からの電話がじゃんじゃん掛かってくるのは堪りません。

引越しラクっとNAVI]であれば、引越し業者から直接電話が掛かってこないので安心です。

たくさんの業者と連絡を取り合うのは大変という、忙しい人には最高にオススメ!

ししさん
引越し業者からの電話攻撃はスゴイからね、イヤな人は「引越しラクっとNAVI」がイイよw

電話がジャンジャン鳴るのは怖いから、とても魅力的ですね♪
初荷ちゃん

  • 引越し業者との間に入ってサポート
  • 複数の引越し業者とやり取りが不要
  • サポートもすべて無料
  • 引越し業者から電話攻撃が入りません!
  • 「引越しで役立つ本」プレゼント

-注意がいる引越し
-,

Copyright© 引越し屋さんは何を思う , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.